気になるけど聞けないこと

人生の節目は悩む。けど具体的なことは他の人に聞けない。うち除いてみますか?

貯金と仕事

結婚するまで本当に貯金ができなかった。

驚くほどに。ゆるゆると生きてきたんだと結婚してから気づいた。

 

〜理由なき貯金と私の歩み〜

貯金できないヒストリーは大学生時代から始まる。

バイトは土日のみ入り月3万円ほど稼いで、ほぼ美容代に消えて月末の残高は5千円あれば良い方という生活。

旅行に行く前だけ短期バイトなど駆使し給料日はウハウハだが結局旅行で使い果たす。

このように、使うために貯めるしかしてきていない。

(そして足りなかったら父からお小遣いをもらっていた。今思えばいい身分である。)

 

就職しても変わらなかった。(流石にお小遣いをもらうことは無くなったが)

事務職で手取り17万円。1年目事務職としてはいいお給料だと思うが貯めれないのは自分でもわかっていた。

理由なき貯金ができない私を救った制度が社内預金だ。

毎月5万円天引きにした。

 

残り12万円のうち

実家住みだったため家に2万円5千円

携帯代1万円

残り8万5千円をばんばん使い3万円貯めれれば最高だという生活をしていた。

今考えてたら使いすぎだし、結局どこに使ってたのかわからない。

少しだけ言い訳させていただくと、毎年無作為に選ばれた女子新入社員1名をターゲットにしていじめまくる人とペアとなり、いじめられまくったからストレスで頭がおかしかったのが主な要因だと思っている。

 

唯一の救いである社内預金も150万円が上限だった。

ボーナスも貯金し社会人3年目になる頃には満額となり、ここから貯めたいのに貯めれないゾーンへ入る。

(口座を2つ作り給与を振り分け入金して貰えばよかったのに、口座を作るのも面倒で心のどこかで社内預金は満額だからという余裕があったのだと思う。)

 

社会人4年目に夫からプロポーズされたときの貯金金額は350万円。

すごく貯めているように思えるが

なんと実家に入れていた2万5千円をそのまま母が貯めていてくれたのだ。

25000円×12ヶ月×4年=120万円

社内預金150万円と合算すると270万円なので自力で貯めれてない分が2/3以上だった。

理由なき貯金は2年間で80万円しか貯めれていなかった。

(ひと月3万円ぐらいとなる)

少額ではあるが昇給もあり、ボーナスもちゃんともらっていたのにこれである。

旅行も社会人になりほぼ行けなかったのに、毎月5万円も何に使っていたのか謎だ。

 

そして恐ろしいことに夫の貯金は私の倍以上あり、

本当にすみませんという気持ちでしかなかった。

そこから夫に「今後のイベントは独身時代の貯金から折半で」(婚約指輪と指輪返しは贈る側)という事を提案し了承してもらったため、本当に貯金に必死になった。

(流石にお金がないので私よりも多くお金を出してなんて口が裂けても言えなかった。)

 

結局結婚前の貯金は母の優しさと天引きという手元にこないシステムによって貯めれていた。

結婚後も貯金ができるようになったというよりは、必要な経費を自分が払えないかもしれないという何とも恥ずかしい理由で必要に追われて貯金するようになったというのが正解だった。

 

ここまで読んでくださった方は気づいただろうが

将来に向けた理由なき貯金は相変わらず苦手のままだ。

ただその後もライブイベントが続いたためなんとか貯金や資産運用をしている。

娘が生まれ、しばらくは大きなお金の動きも無さそうなので本当に気を引き締めていきたい。