気になるけど聞けないこと

人生の節目は悩む。けど具体的なことは他の人に聞けない。うち除いてみますか?

就職活動

私はいわゆるFラン大学生(文系)だった。

この時点で就活がハードモードなのがわかると思う。

 

しかも別にバイトリーダーもしてないし、サークルもリーダーとかしてないし、留学もしてない。

自己PRがない。

 

何となく商社はキラキラしてそうでメーカー希望という雑な理由でメーカーを受けていた。

志望動機が薄い。

 

負け戦感が拭えないまま就活が始まった。

 

大手はほぼ書類で足切りされる。

中小は書類がいけても二次面接にまでたどり着けない。グループワークは通っていたから面接が問題だったのだろう。

 

何十社も落ちてから

結局ゼミの先生にアドバイスをもらいにいった。

自己PRも何度も書き直して、面接も自信があったのにほぼ落ちていた状況だったので藁にもすがる思いだった。

 

アポを取ったら急遽会ってもらえるとなったので、リクルートスーツのまま大学へ向かった。

先生に会って開口一番

「顔死んでるぞ(笑」

 

そうに決まってるだろ。何社落ちてると思ってんだ。と思いながらも笑顔をつくり「そうなんですよー。」と言ったら情けなくて涙が出た。

 

泣いてる私を横目に淡々と先生からアドバイスがもらえた。

*笑顔が消えてしまうくらいまで詰めないでいい

*自分がちゃんと笑顔になれる時間を作りながら就活しなさい

*志望動機は書きやすいところから選んで、面接のときに何となく雰囲気がいいなと思ったところを口頭で足せばいい

 

泣きながらもメモ帳を忘れてしまったので、アドバイスを忘れないように必死に聞いていた。

 

それまで淡々と話していた先生が笑顔になりながら

「最後に、いつもゼミでどんなアドバイスをしていても目をみてしっかり聞いていた。今もそうだ。しんどい時でもメモを取ったり、相手の目を見て聞いたり、失礼な態度を取らない。そういうパフォーマンスだとしても貫けるのはすごい。自己PRになると思う。でも笑顔がつくともっと相手に響くからちゃんと休みなさい。」

目から鱗だった。

"こんなことを成し遂げました"しか書いてはいけないと思っていたから。

 

そのまま続けてこう言った。

「自己PRを書きたい時は、目上の少し距離のある人にアドバイスをもらうといい。友達といる時と、そういう立場の人といる時と同じ態度な人はほぼいない。距離のある人から教えてもらった長所の方が面接の時も一貫して魅せている可能性が高い。そういう人にしっかりしたところを見せてるのが前提になるけどね(笑)」

 

なるほど、と思った。

それと同時にゼミ活動ちゃんとしててよかったとも思った(笑)

 

帰宅後アドバイスを少しばかり息抜き期間を設け、自己PRも考え直した。

面接時泣きそうになりながらも笑顔を作らなくても笑顔でいれるようになった。

少しして内定がもらえた。

たまたまかもしれないがとても嬉しかったし、緊張したときでも出てくる一面を自己PRにしているので面接でも話しやすかったし、そのような態度でいればいいのでオロオロすることも減った。

 

結局その後もっと行きたかったところから内定がもらえたためそちらに就職したが、あの時相談にいって本当に良かったと思った。

 

就職活動中は、誰にアドバイスを貰えばいいのかわからない。

友人には聞きにくい。アドバイスを貰うのも、辛い時がある。

親はもっと嫌だ。心配させたくないし、どうしてもイライラしてしまう。

そういう時少し距離のあるけど関わりのある大人からアドバイスを貰えると少し状況が変わるかもしれない。

 

いい会社と良き縁がありますように。

貯金と仕事

結婚するまで本当に貯金ができなかった。

驚くほどに。ゆるゆると生きてきたんだと結婚してから気づいた。

 

〜理由なき貯金と私の歩み〜

貯金できないヒストリーは大学生時代から始まる。

バイトは土日のみ入り月3万円ほど稼いで、ほぼ美容代に消えて月末の残高は5千円あれば良い方という生活。

旅行に行く前だけ短期バイトなど駆使し給料日はウハウハだが結局旅行で使い果たす。

このように、使うために貯めるしかしてきていない。

(そして足りなかったら父からお小遣いをもらっていた。今思えばいい身分である。)

 

就職しても変わらなかった。(流石にお小遣いをもらうことは無くなったが)

事務職で手取り17万円。1年目事務職としてはいいお給料だと思うが貯めれないのは自分でもわかっていた。

理由なき貯金ができない私を救った制度が社内預金だ。

毎月5万円天引きにした。

 

残り12万円のうち

実家住みだったため家に2万円5千円

携帯代1万円

残り8万5千円をばんばん使い3万円貯めれれば最高だという生活をしていた。

今考えてたら使いすぎだし、結局どこに使ってたのかわからない。

少しだけ言い訳させていただくと、毎年無作為に選ばれた女子新入社員1名をターゲットにしていじめまくる人とペアとなり、いじめられまくったからストレスで頭がおかしかったのが主な要因だと思っている。

 

唯一の救いである社内預金も150万円が上限だった。

ボーナスも貯金し社会人3年目になる頃には満額となり、ここから貯めたいのに貯めれないゾーンへ入る。

(口座を2つ作り給与を振り分け入金して貰えばよかったのに、口座を作るのも面倒で心のどこかで社内預金は満額だからという余裕があったのだと思う。)

 

社会人4年目に夫からプロポーズされたときの貯金金額は350万円。

すごく貯めているように思えるが

なんと実家に入れていた2万5千円をそのまま母が貯めていてくれたのだ。

25000円×12ヶ月×4年=120万円

社内預金150万円と合算すると270万円なので自力で貯めれてない分が2/3以上だった。

理由なき貯金は2年間で80万円しか貯めれていなかった。

(ひと月3万円ぐらいとなる)

少額ではあるが昇給もあり、ボーナスもちゃんともらっていたのにこれである。

旅行も社会人になりほぼ行けなかったのに、毎月5万円も何に使っていたのか謎だ。

 

そして恐ろしいことに夫の貯金は私の倍以上あり、

本当にすみませんという気持ちでしかなかった。

そこから夫に「今後のイベントは独身時代の貯金から折半で」(婚約指輪と指輪返しは贈る側)という事を提案し了承してもらったため、本当に貯金に必死になった。

(流石にお金がないので私よりも多くお金を出してなんて口が裂けても言えなかった。)

 

結局結婚前の貯金は母の優しさと天引きという手元にこないシステムによって貯めれていた。

結婚後も貯金ができるようになったというよりは、必要な経費を自分が払えないかもしれないという何とも恥ずかしい理由で必要に追われて貯金するようになったというのが正解だった。

 

ここまで読んでくださった方は気づいただろうが

将来に向けた理由なき貯金は相変わらず苦手のままだ。

ただその後もライブイベントが続いたためなんとか貯金や資産運用をしている。

娘が生まれ、しばらくは大きなお金の動きも無さそうなので本当に気を引き締めていきたい。

 

 

 

 

気になるけど聞けない

人生の節目はよくわからない。

Googleで、本で、雑誌で、色々調べて多分こんな感じなんだろうなーと頑張るけど、結局本当に大丈夫なのかわからない。

 

けど具体的なことは人に聞きづらい。

みんなそれぞれ少し違うし、ちょっと濁す。

あっけらかんと話したいけど話しにくいし聞きにくい。

 

29歳になって、色々な節目でそういう事を強く感じます。

 

ブログを始めた最初は

節約花嫁として有益な情報を!!!!

と思っていたけど結婚式の準備に疲弊し、気づけば4年。

その間に、妊娠、出産を経て娘ができました。

 

その間のライフイベントと呼ばれるものに対してネットや本を頼りに調べ、試行錯誤してきました。

できるだけ失敗したくないなと思いながら。

けど結局そんなうまくいかなかったりする。

 

そして事が終わってから、友人とのお喋りで聞いてもらって笑って消化することも多かったです。

けど本当は早めに聞いてほしいし、友人がどうしてたか具体的に知りたい。(可能ならばアドバイスがほしい。)

 

そういう事をこれからはここでは書いていきたいなと思います。

(友達とカフェでお喋りしながら聞いてるようなことをもう少し赤裸々にお洒落な感じを目指して)

 

今後記事がどなたかの役に立てればいいなと思いながら、またもや3日坊主が炸裂するかもしれませんがよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

お車代

これが結婚式の内容の最後です。

お車代です。

 

私達の結婚式では夫親族10組が遠方からきてくださるため宿泊費と交通費を、夫友人11名が遠方のためお車代も用意しました。

 

当初は各々で宿泊地は決めてもらい宿泊費として一定金額(その時期の宿泊施設の平均金額)を渡そうと思っていました。

しかし、義両親から「全員分こちらで手配して欲しい」との要望があり何とかすることに。

 

団体旅行パンフレットから良さそうな金額の旅行会社へ詳細を問い合わせしました。

結果、1組当たり新幹線代込みで4万6千円で済みました。

元々紅葉シーズンの京都だったため一人当たり宿泊費だけでも5万円はかかってきそうだと思っていたので早割と団体旅行の割引が適用されてとてもラッキーでした。

 

しかも新幹線も5パターンから、宿泊先も4パターンから選んでもらうことができ、親族の方々にとても喜んでもらえました。

 

友人へのお車代は一人当たり1万5千円(遠方の方は2万円)を渡しました。

 

結果

親族へのお車代46万円

友人へのお車代19万5千円

となりました。

 

大分安くなってこの金額だったので、自分達で手配してよかったなと思いました(笑)

 

 

 

 

結婚式におけるSNSと紙類

今回はSNSと紙です。

 

SNSとは主にインスタです。

#プレ花 とか #プレ花嫁さんと繋がりたい とかを使用している類のアカウントを作る事をオススメします。

 

別にキラキラしたこと載せたりする必要はなく、

ちょこちょこーっと更新しておいて

狙うのは企業が行なっているプレゼント企画です。

 

私はこれで招待状、席次表の10%オフクーポンを頂きました。

本当は丸々無料のプレゼント企画で、外れた方にはクーポンが当たる(全員だったかは忘れました)というのでゲットしました。

他にも前撮りが安くなったり、そういうのをゲットできたらラッキーだなという気持ちでやってると楽しいです。

ただ!当たり前ですがお金めっちゃ持っててめっちゃ結婚式にかける方も写真を投稿されているので、自分と比較して羨ましいと思ったり

モヤモヤしてしまう方にはお勧めしません。

ただでさえ準備で心穏やかに過ごすのは難しいので

自分の気持ちを大切にしましょう。

 

話がそれましたが、

私はインスタでクーポンをゲットできたので紙類は全て式場ではなく外注です。

自作で作るにはプリンターがなく諦めました。

ただ式場よりもお安く済みつつ、好きなデザインを選べたのでよかったかなと思ってます。

 

紙類の総額はいくらか明細がなく(多分捨てた)

いくら安くなったかは不明ですが、安くなったなーと思ってたので安くなったんだと思います。

 

次回、お車代と宿泊費

無料自作プロフィールムービー

さて、どんどん進んできました。

前回の記事に書いていた通りプロフィールムービーは自作です。ソフト使わないので無料です。

 

おしゃれなやつが良かったけど、頼んだら5万円ぐらいはかかると知り自分で作る一択でした。

 

ソフトを買うのも1回のみの使用となるのが勿体なく思えてしまい作りました。

 

といってもMacBookとかでササーっと作る能力はなく、まさかのパワーポイントです。

 

やり方は本当にアナログです。

時間があり、お金はかけたくない、ほどほどにいい感じになればオッケー、ムービーメーカーとかよく分からないという人にはオススメです。

 

私が使用していたのはWindows8のため、今のがどこまで進化しているのか不明ですが、当時のやり方を載せます。

①自分のPCに載せたい写真を取り込んでおきます

私の場合はiPhoneで撮って、iCloudから PCへ保存しなおしました。

 

②スライドショーをつくる

ここはお好みで。ただし動きのスピードは後で調整するのでなにも設定しなくていいです。

 

③使用したい曲を聴きながらスライドショーの動きを固定する。

リハーサル機能を使うと自分がクリックしたタイミングで動きます。そして最後のスライド終了後「今のタイミングを保存しますか?」と出てくるので「はい」を選べば音楽にあった動きをします。

このタイミングでスライドショーの動きの速さを微調整します。ここが時間かかる。

もし曲を途中で変えるなら何分から変えるか時間をメモしておく(大切!!!!)

 

④スライドショーを動画保存してWindowsムービーメーカーを起動し動画貼り付けします。そして音楽も挿入して完成です。もし何曲か使うならメモを見て時間通りに別の音楽を貼り付けます。

 

完成!!!!

 

時間はかかりますが(どうしたらもっと効率よくできるかは不明)

もし気力があれば試して見てください。

 

次回、インスタと紙類

披露宴

今回は披露宴です。

サクサク行きます。

なぜならば交渉できるところは無く、こちらが値段を抑えれるように選ぶという方法がメインだったからです。

 

拘ったところはご飯と飲み物。

 

お金を抑えようと頑張ったのは装花。

装花はキャンドルを置いて緑メインにしてお花の色味を大体こんな感じ〜という緩さで決めたら抑えられます。

逆に使用する花はこの種類でこの色!など細かい要望があると上がります。(数を揃えるのが大変なのか?)

キャンドルを置く事でさらに雰囲気を良くしながらも場所が埋まっていい感じでした。(花の量は減るので金額は抑えれました。)

 

余興は頼みませんでした。

 ・夫友人の住んでる地域がバラバラ

 ・私友人はシフト制勤務の子が多い

 ・スピーチを頼みたい友人は恥ずかしがり屋のためスピーチが終わるまで楽しんでもらえなさそう

というのが理由です。

 

余興がないのでお礼の品を渡すのも受付をお願いした友人のみです。なので少し良いもの(といっても気持ち程度にはなりますが)を渡せました。

 

演出は

ケーキ入刀

ドレスチェンジ

ブーケプルズ

だけだったので和やかにゆったり進むって感じでした。

 

 

次回は自作のプロフィールムービーです。